2009年03月01日

島田紳助の才能の研究とNSC

島田紳助のトークのテンポや才能はすごい。

多くの人は、島田紳助のことをお笑いの天才だという。

芸能界の人間はじめ、そのように思っている人がほとんどだ。



けど、私はそうは思わない。

それは、「紳竜の研究」というDVDを見てから、そう思うようになった。

そのDVDの中で、島田紳助がNSCで講師をつとめている。

(NSCとは吉本総合芸能学院のことで吉本興業のお笑い養成学校である)



なかでも印象的だったことある。

島田紳助は先輩芸人の漫才をノートに全て書き出し、それを研究したというのだ。

島田紳助いわく、何回耳で聞いてもダメだという。



とにかく書き写し、それを眺め、時間との関係を考えながら研究したという。

そのうえで、自分達の漫才の戦略を考え、練っていったというのだ。

正直、そのDVDで見て恐れ入った。



その作業は、とても時間がかかったという。

そりゃ当然だ、テープおこしというものはとても時間がかかる。

それを自分で行い、さらに、それを眺め研究する。

やはり、普通の人とは違うなと思った。



このようなことは、決してお笑いの人達だけが参考になる話ではない。

ビジネスマンだって、とても参考になるし勉強になると思う。

でも、やはり島田紳助は天才の部類なんだろうな。



このDVDは、お笑いを目指す人にとっては、とてもいい教材です。

また、ビジネスマンにとっても変な自己啓発ものよりよっぽど勉強になりますよ。

タグ:島田紳助
posted by タック at 21:59 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック手術体験

3年ほど前に、品川近視クリニックでレーシック手術を受けました。

そのお陰でレーシック手術直後は、両目とも1.5でした。

レーシック手術を受ける前の視力は0.01〜0.03くらいです。


その後、多少、左目が見えずらかったり右目がみえずらかったり、不安定な時期はありました。

今はパソコンのやりすぎで、右目の視力がちょっと落ちてしまったようです。

この先どうなるか、ちょっと不安がありますが、レーシック施術をしたことの後悔はありません。



なにせ、大地震が起きても、なんとか逃げれそうですから。

posted by タック at 19:33 | Comment(0) | 医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。