2009年05月23日

松坂大輔の高校時代(PL学園との熱戦)

ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手。
右肩の違和感から負傷者リストに入っていたが
そろそろ復帰できそうです。

松坂大輔で思い出すのは、横浜高校時代の夏の最後の大会。
特に決勝ではなかったが、PL学園との熱戦が一番思い出される。

あのときの試合を見ただけでもすごかったが
その後、NHKであの試合の特番を組んだ。
確か1時間の特番だったが、とても面白かった。

どちらかというと、舞台の裏側を映し出してくれていた。
普通に試合を見ていたら分からない、いろんな攻防。
その裏側を説明してくれるから、たまらなく面白かった。

物語は春の大会から続いている。
お互いのチームが春の大会で戦ったとき
ミスを誘ったりミスをしたり
それを両チームが克服して夏の大会に挑んでいるのも、手に取るように分かった。

ビデオか今で言うDVDにして、永久保存版にしておいてもいいくらいの内容。

いろんな面白エピソードの中で、ひとつだけ披露しよう。

PL学園のマネージャーが、試合中気づいたことがあった。
松坂大輔の球種がストレートか変化球かを、キャッチャーの構え方で見分けたのだ。

キャッチャーが小ぶりに構えたときは、ストレート。
キャッチャーが大きく構えたときは、変化球。

それに気づいたPL学園は
3塁コーチャーにキャッチャーの構えを確認させ
バッターに掛け声で知らせていた。

行け行け行け、だったらストレート
狙え狙え狙え、だったら変化球

これをやり出したとたん、松坂はボコスカ打たれた。
さすがの松坂も気が動転して、ボークしてしまったのもこのとき。

しかし、これで試合は終わらない。
今度は、横浜高校のマネージャーが
3塁コーチャーに松坂大輔の球種が読まれていることに気づく。

それで、キャッチャーの構えでばれている事に気づき、それを修正。

この件については、お互いのマネージャーが球種の記録を付けながら
試合を良く観察していたから、わかったことだ。

このように試合の裏側でも攻防が繰り広げられているのだ。

そんな攻防がいっぱいつまった試合の解説をした、NHKの特番。
もう一度みたい!

posted by タック at 07:52 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

パソコンで稼ぐ在宅ワーク

在宅ワークといえば、昔は内職でした。

今では、在宅ワークといえば、パソコンを使います。

パソコンを使った在宅ワークと聞くと、ネットビジネスを思い浮かべます。
ところが、ネットビジネスは、なかなか成功しません。
時間やお金を浪費するだけで、ほとんどの方が途中であきらめます。

そこで、お奨めしたい「パソコンを使った在宅ワーク
それは、データ入力業務という在宅ワークです。

データ入力業務というパソコンを使った在宅ワークは
爆発的に収入は増えませんが、確実に稼げます。
スキルアップによって収入もどんどん増えていきます。

在宅ワークですから、パートと違って自分のできる時間にやればいいのです。
こんないい在宅ワークは他にありません。

まずはデータ入力が業務である
パソコンを使った在宅ワークから始めてみませんか。

データ入力の在宅ワークにて、稼ぐことを経験した後
他のネットビジネスに進んだ方が、ぐっと成功率が上がります。

posted by タック at 12:54 | Comment(0) | 副収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

自動車保険の見積の前に2

自動車保険で新たなる発見をしました。

自動車保険の毎月の自動車保険料を安くするために
運転手の条件を、家族制限や年齢制限を儲けます。

家族以外が運転していて事故をした場合
ある年齢以下の人間が運転していて事故をした場合
このような場合、保険が適用されない分、毎月の保険料を安くするのです。

例えば、知り合いに運転を変わってもらった時に事故を起こすと
家族ではないので、保険が適用されません。

最近は家族制限を儲けている人が多いので
家族以外の人には運転させないことが多いです。

ここまでは、みなさんが知っている当たり前の話です。

ところが、もし家族制限として自動車保険に加入し
他人がその車で事故を起こしたとしても
自動車保険を適用する方法があります。

それは、その運転手が自分の車にかけてる自動車保険を使うのです。

例えば、自分が車を持っているとすると、必ず自動車保険に入ります。
そして、他人の車で事故を起こしても、その自動車保険が使えるのです。

それを聞いて、私も自分の自動車保険を調べたら、そのようなことが可能でした。
それべしに加入したわけではないので、おおかたの人がそうなのではと思います。

一度、自分の自動車保険も調べてもらうといいと思います。

ネットでも自動車保険の見積もりを一括で請求できたりするので
それで一括請求をしながら調べるのもいいかも知れません。

posted by タック at 12:50 | Comment(0) | その他 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

自動車保険の見積もりの前に

世の中には、いろんな自動車保険が存在します。

以前は、どの自動車保険も変わらないと思っていました。
実際には、細かい点でいろいろと違うようです。

ただ、あまり細かい点で、いろいろと調べてみてもしょうがありません。
というか、そこまで理解できないと思います。
自動車保険屋さん自身だって、そこまで理解してないと思います。

私の知っているところでは、東京海上日動の自動車保険がいいと思います。

理由は、東京海上日動の自動車保険に入ると
医療電話相談特約が付いてきます。

↑↑↑
名前は適当に言ってます

例えば、夜中に本人や家族の具合が悪くなったとします。
どのように対処すればいいか、電話で聞けるので。
電話の向こうには、日本にも指折りの先生が常に誰か控えているそうです。

直ぐに医者に行って、こういう措置をしてもらうように
というような指示を頂けるので
それをそのまま賢威ある先生に言われましたと、伝えれば話は早いそうです。

それを、そのままなにも分からないまま病院に電話しても
当直の看護婦が機嫌悪そうに出て、こっちも気分が悪いだけです。

自動車保険といいながら付属する特約の話でしたが
この東京海上日動の自動車保険はいいです。

posted by タック at 13:36 | Comment(0) | その他 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

中村俊輔というサッカー選手

中村俊輔というサッカー選手を興味深く見守っている。

中村俊輔選手は、決して身体的に恵まれた選手ではない。
でも、自分の活かしどころを知っている選手である。
その結果、チームのためになり、チームに勝利を導いている。

中村俊輔選手が、大事にしていること、「察知力」
身体能力が劣るぶん、人より先に察知し、人より先に反応する。
これが、中村俊輔選手の考え方であり、モットーでもある。

それは、中村俊輔選手が書いた本の題名にもなっている。

「察知力」

さらに、中村俊輔選手はサッカーノートについて語っている。
昔から、なんでもサッカーについて気づいたことを書き記すノートである。

そのノートを見て、後で振り返ることで
その時なにをどう考え行動していたかが手に取るようにわかるとか
それを現在に照らし合わせ、自分自身を調整し成長させていくらしい。

そして、今もなお中村俊輔選手は
サッカーノートを書き続け、読み続けているのだ。

やはり一流の選手というのは全然ちがう。

でも考えて見れば、毎日ノートをつけるくらい誰でも出来そうだ。
ところが何年も何十年も続けることは、おそらくほとんどの人が出来ない。

誰でも出来るようなことを、誰もが出来ないくらいにやる。
それが一流になる初めの一歩かもしれない。

posted by タック at 07:51 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。