2009年04月06日

子供に生命保険は必要ない

昨日の女性と生命保険の話と同様です。

そもそも収入のない子供に生命保険は必要ありません。

生命保険とは「経済的打撃を回復する制度」です。



例えば、何かが起こったときに、起こる前の生活が起こった後も、同じ生活が送れるようにする。

そのために生命保険によって経済的負担を回避させる必要があります。

もともと収入のない子供になにかがあっても、経済的な打撃や負担はありません。

ですから、子供に生命保険をかける必要はないと思います。



そこで心配になるのが、病気や怪我のための医療保険です。

でも、子供には乳幼児医療費助成制度があります。

そのため、子供の医療保険についても心配する必要はないと思います。



ただ、乳幼児医療費助成制度は市町村によって制度内容が異なります。

年齢でいうと、小学校前まで、小学校まで、中学校まで、などが異なります。

ですから、一度、各市町村で確認しておいた方がいいと思います。



そして、子供の年齢が乳幼児医療費助成制度の年齢制限になったら、医療保険に入る必要があります。

そのときは、医療保険の比較などして、よく検討し加入しましょう。



■追記


たまに、子供の年齢が乳幼児医療費助成制度の年齢制限範囲内の子供に、医療保険をかけているご家族がいます。

とてももったいない話なので、直ぐに見直すべきです。

また、家族全員の生命保険料が3万円や4万円というご家庭があります。

それももったいない話です。



そんなに生命保険に払うくらいなら、毎月美味しいものを食べたり、旅行に行った方がよっぽどいいです。

そんなことをしているから、駅前の一等地に生命保険会社のビルが建ち並ぶのです。

posted by タック at 08:05 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。