2010年01月02日

日本酒の菊水と喜久水

最近になって、ようやく日本酒を飲めるようになってきた。

昔から、日本酒を飲めるようになりたいと思っていた。

日本酒が飲めれば、各地に旅行へ行ったとき、地酒場が楽しめるからだ。



最近好んで飲んでいる日本酒が喜久水

これは長野県飯田市の日本酒で、とっても辛口でうまい。

この喜久水の辛口になれてしまうと、他の辛口の日本酒など、あまり辛口に思わなくなる。

そのくらい喜久水は辛口なのだ。



辛口というのは、日本酒に限らずだが、食が進むしいい。

よく日本酒で有名どころは、新潟の日本酒であるが、新潟の日本酒は確かに飲みやすいが、なにか物足らない。

やはり毎日飲むなら、喜久水のようなちょっと個性的な方がいい。



ところで喜久水は、きくすい、と読む。

新潟にも、菊水という、日本酒がある。

有名なのは、当然ですが、新潟の菊水です。



でも、当然ながら味は全然ちがいます。

日本酒好きの方、喜久水という辛口のお酒を一度飲んでみては。

喜久水にはまると、他の日本酒が飲めなくなりますよ。

posted by タック at 09:24 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。