2010年01月03日

24 シーズン7 あらすじ

24 シーズン7 あらすじ

お待ちかねの 24 シーズン7 です。
今年の年末に知り合いから 24 シーズン7 全巻借りて見ました。

24 シーズン7 あらすじを簡単にいうと。

今度は女性大統領である、テイラー大統領の就任から全てのストーリが始まります。
このストーリー性は、今までの 24 と同様ですね。

一方のジャック・バウアーは、CTUで囚人を拷問した件で、アメリカ政府から告訴されるというストーリから始まります。

あとは今までと同様に、とても面白いストーリーが展開していきっます。

あれでもか、これでもか、というくらいに例によって、ジャック・バウアーが大暴れしていきます。

今までと違う 24 シーズン7 のストーリー性

■CTUはいったん閉鎖され、FBIを中心に捜査が行われる

といっても最後にはCTUの機能に頼るのだが

■トニー・アルメイダ復活

24 シーズン 序盤から活躍していたトニー・アルメイダが復活です


そのトニーが、どのようにジャック・バウアーに関わっていくかが、今回の見どころです。
私としては、24 シーズン 1〜6 全て見てきているので、トニーに関しては、最終的な結末が途中で見えてきました。

それにしても、アメリカという国は、すごい国です。
黒人大統領や女性大統領と、時勢にあったネタをどんどん採用します。
こんなストーリーをTVドラマにしていいの、というくらい。

ちなみに、私は 24 シーズン1 を見たときの衝撃を今でも覚えています。
こんな面白いストーリー性のあるものがあるのかと。
24 シーズン1 を見て、一発で 24 ファンになってしまいました。

posted by タック at 15:29 | Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。