2010年01月02日

日本酒の菊水と喜久水

最近になって、ようやく日本酒を飲めるようになってきた。

昔から、日本酒を飲めるようになりたいと思っていた。

日本酒が飲めれば、各地に旅行へ行ったとき、地酒場が楽しめるからだ。



最近好んで飲んでいる日本酒が喜久水

これは長野県飯田市の日本酒で、とっても辛口でうまい。

この喜久水の辛口になれてしまうと、他の辛口の日本酒など、あまり辛口に思わなくなる。

そのくらい喜久水は辛口なのだ。



辛口というのは、日本酒に限らずだが、食が進むしいい。

よく日本酒で有名どころは、新潟の日本酒であるが、新潟の日本酒は確かに飲みやすいが、なにか物足らない。

やはり毎日飲むなら、喜久水のようなちょっと個性的な方がいい。



ところで喜久水は、きくすい、と読む。

新潟にも、菊水という、日本酒がある。

有名なのは、当然ですが、新潟の菊水です。



でも、当然ながら味は全然ちがいます。

日本酒好きの方、喜久水という辛口のお酒を一度飲んでみては。

喜久水にはまると、他の日本酒が飲めなくなりますよ。

posted by タック at 09:24 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

市原隼人おすすめの すき家のチーズ牛丼

この前、ルーキーズの市原隼人が、情熱大陸に出演していた。

そのときに、すき家のチーズ牛丼について語っていた。

市原隼人は、すき家のチーズ牛丼が大好きなようだ。

情熱大陸の撮影のとき

今日の朝食は? と聞かれて

すき家のチーズ牛丼と答え、たまらなく好きだと語っていた。



私も何を隠そう、すき家が大好きです。

私の場合は、すき家のキムチ牛丼が好物でした。

でも、市原隼人のチーズ牛丼の話を聞いて、とても食べたくなりました。

牛丼も好きだし、チーズも好きです。

ときたら食べるしかないですね。



ちなみに私は、COCO壱の納豆チーズカレーが大好きです。

COCO壱に行くと、納豆チーズカレー以外食べれません。

ひょっとすると、すき家のチーズ牛丼も、思いっきりはまってしまうかも。

とにかく早く食べたいです。

posted by タック at 21:46 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

ミネラル ウォーターサーバー

取引業者の会社で打合せを始めた。

打合せを始めると、直ぐに熱くて美味しいコーヒーが出てきた。

なんでこんなに早く、熱くておいしいコーヒーが出てくるのか

不思議に思った私は、その場で質問してみた。



実は、あれです!

打合せの相手が指差した先にあったのは、まぎれもなく

ウォーターサーバーでした。



この前、とある業者が売り込みに来たそうです。

金額を聞くと、そんなに高くないし、社員のためにもと導入したそうです。

その後、私は会社に帰り、ネットでウォーターサーバを検索してみました。



そしたら、いろんなウォーターサーバーが出てくる出てくる。

それで、わかりました。

今、ウォーターサーバーが流行りなんですね。



ひと昔前だと、水を買うという感覚するなかったのに、時代は変わります。

ミネラルウォーターやウーロン茶が売られるようになってですかね

麦茶も売られるようになったの。

最初、麦茶は売っちゃいかんでしょー、と思いましたが、今では当たり前のこと。



水は世代を超えて影響するといいます。

たかが水ですが、されど水です。

日本も、そろそろ真剣にそのへんを考える時期にきているのかもしれまえん。

posted by タック at 10:10 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

ネスプレッソは缶コーヒーより安いし美味い

2年ほど前にとある客先でおもしろいコーヒーメーカーを発見しました。

それがネスプレッソでした。


ネスプレッソ


エスプレッソとネスカフェをかけたのでしょう。

お好みのエスプレッソの味のカプセルを入れて、スイッチを押すだけです。

すると、ウィーンと音を立てながら、瞬く間に美味しいネスプレッソが入ります。



手間いらずの簡単な操作のネスプレッソにビックリしました。

普通、美味しいコーヒーを飲もうと思ったら、もっと手間がかかります。

それが、ネスプレッソだとお好みのカプセルを入れてスイッチを押すだけ。

そして、そんな簡単な操作でありながら、味わい深い本格的なエスプレッソが飲めるのです。



気になるのはネスプレッソのカプレルの値段でした。

そのカプセルが意外に安く、1個70円ほどです。

一瞬高いと思う人もいるかもしれませんが、缶コーヒーより安いのです。



こんな美味しいエスプレッソが缶コーヒーより安い、それだけで私にとっては充分でした。

私はその晩家に帰ると迷うことなく、ネットでネスプレッソを購入しました。

今となっては、ネスプレッソで美味しいエスプレッソを飲むのが日課となり、幸福のひと時となってます。

posted by タック at 07:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

信州 井筒ワインの桔梗ヶ原のロゼと五一ワインの赤ワイン

忘れもしない、井筒ワインの桔梗ヶ原というロゼのワイン。

私がワインを飲むきっかけになったワインである。

知り合いと、たまたま行った先の焼肉屋に桔梗ヶ原のロゼが置いてあったのです。

桔梗ヶ原のロゼのファンであった知り合いが、こんなところに・・・とビックリしながら、みんなで飲もうと注文しました。

ロゼということもあって、ワイン初心者にはとても口当たりが良かったのを覚えている。

それがきっかけで私も桔梗ヶ原のロゼのとりこになってしまったというわけです。



ワインというものは、段々と渋みのあるものが欲しくなるようです。

私も段々とロゼから赤ワインにはまりだし、赤の中でもフルボディを好むようになりました。

そんな中でも、五一ワインの赤はけっこう美味しいと思います。

名も知れていない変なフランスやイタリアのワインより、よっぽど国産のワインの方が美味しいと思います。

とくに五一ワインの赤はお奨めです。



こんな流れで、私は白ワインの味が分からず、赤ワインを好み続けました。

そんなとき、あることがきっかけで白ワインも飲むようになったのです。

しかも、その白ワインとは、セブンイレブンのメルシャン ミラージュの白ワインです。

今では、どちらかと言うと、白ワインの方を好んで飲んでいます。

まあ、料理とその時の気分によりますが。



■追記


この前久しぶりに桔梗ヶ原のロゼを飲もうと思いました。

そしたら、ボトルの形状も味も変わってしまっていました。

ちょっとショックでした!



関連記事

メルシャン ミラージュ 白ワインはあなどれません

posted by タック at 12:56 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルシャン ミラージュ 白ワインはあなどれません

ワイン好きの私は家でもたまにワインを飲みます。

その中で今、断然お奨めのワインは、とっても安くリーズナブルな白ワイン。

セブンイレブンで300円台のメルシャン ミラージュ 白ワインです。



基本的に以前は、赤ワインが好きでした。

たまには白ワインでも飲もうかな、という感覚でセブンイレブンのワインコーナーで、どの白ワインにするか悩んでいました。

調度そのとき、知り合いでもあるセブンイレブンの店長さんと出くわしました。

「白ワイン飲むんだったら一度だまされたと思ってメルシャンの白ワン飲んでみ」

と渡されたのが、メルシャン ミラージュの白ワインだったのです。



さっそく家に帰ってメルシャンの白ワインを飲んでみると、値段の割りに予想以上に美味しいのです。

それからというもの、赤ワインではなく白ワインを飲むようになりました。

外出先のお店でも白ワインを頼むようにもなりました。

家ではもっぱら、セブンイレブンのメルシャン ミラージュ 白ワインです。

とにかく安くてリーズナブルなのがいいですね。



実はそれだけだったりして!

まあ、だまされたと思ってお試しあれ。



関連記事

信州 井筒ワインの桔梗ヶ原のロゼと五一ワインの赤ワイン

posted by タック at 07:27 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

田中義剛の北海道の生キャラメル

最近とてもテレビにも出てくる北海道の生キャラメル。

みなもご存知な田中義剛の花畑牧場の北海道の生キャラメルです。

テレビのお陰でうちの家族も、一度食べてみたいと言うようになりました。

実は自分もそう思うようになってきました。

けど、実際に本当に美味しそうだし、本当に美味しいのだと思う。

でなきゃあんなに騒がないです。

いつかネットで注文して食べてみたいと思います


そして、田中義剛は実業家としても評価されている。

なので、あれだけの成功をおさめているのだ。

そのへんを記した本が出たので、一読の価値はある。

田中義剛が何を考え、どう行動をおこし、今に至っているか。

けっして平坦な道のりではなかったことが理解できる。


田中義剛の言葉

1リットルの牛乳は75円

1リットルからチーズを作ると500円

自分のレストランで売れば1000円

牛乳を農協に売っているだけでは、儲からないのです


「どうやったらたくさん牛乳が搾れるか」

ではなく

「どうやったら売れる商品を作れるか」


ビジネスマンの方々にとっても、とても参考になる本です。

posted by タック at 22:59 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。