2009年04月08日

生命保険と遺族年金はセットで考える

生命保険と遺族年金はセットで考えることが大切です。

生命保険の受け取り保険金額は、単独で考えてはいけません。

なぜかというと、通常は遺族年金も受け取れます。

ですから、その分をマイナスして、生命保険の保険金額を設定すべきです。



意外と遺族年金を考えずに、生命保険の保険金額を設定している人多いです。

保険屋さんは、そんなこと教えてくれないし、計算にいれてもらえません。

それは、保険屋さんの売上げが減るからです。



では、生活保障保険のタイプで受け取り額を計算してみましょう。

毎月の給料が30万円だったとしましょう。

そのご家庭の旦那さんに、もしものことがあったという想定です。



まず、旦那さん自信で必要だったお金が必要なくなります。

一般的に7割りと言われています。

30万円 × 0.7 = 21万円



このご家庭は、毎月21万円あれば、以前と同じ生活が送れるはずです。

では、毎月21万円もらえる生命保険に入る・・・、ではありません。

そこから遺族年金を計算に入れなくてはいけません。



遺族年金は子供の人数が関係してきます。

だいたい平均が子供1人で14万円、子供3人で16万円くらいの遺族年金です。

(詳しくはお近くの税務署にお問い合わせ下さい)



21万円 − 14万円 = 5万円

よって、5万円あれば、以前の生活と同じ生活が送れるはずです。

余裕をみて、毎月10万円を生命保険でまかなえば、安心していられます。



死亡保障で毎月10万円おりる生活保障保険。

そのような生命保険の毎月の掛け金は、なんと5千円くらいです。

安いでしょ!



だから、毎月、生命保険で1万円以上払っているとしたら、間違いなく払いすぎです。

こんな話をしていると、「これじゃ子供を大学へ行かせられない」

と言われる奥さんがいます。



もしそうだとすると、そのご家庭では、お父さんが生きていたとしても、子供を大学へ行かせられないのです。

だって、お父さんの収入から計算してるのですから。

posted by タック at 16:59 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険なら絶対に分割受け取りの生活保障保険

またまた生命保険のお話です。

前回の話で、年齢に応じて保険金額と毎月の保険料が異なる生命保険

低減定期保険のいいところは理解して頂けたと思います。



関連記事

生命保険 見直し 比較 検討 するならまずはこれ



今回、紹介する生命保険は低減定期保険の良さを上回る生命保険です。

その生命保険は生活保障保険です。

この生命保険は、なにかが起きたときから、毎月同じ金額を受け取り続けます。

例えば、毎月20万円を何十年にも渡って、受け取り続けるのです。

簡単にいうと、生命保険の分割受け取りのような仕組みです。



受け取り方法こそ違えど、低減定期保険に似ています。

早い時期から受け取れば、トータル的な受け取り金額が多くなり

年を取ってからだと、トータル的な受け取り金額が少なくなります。



保険金額の受け取り方法が変わっただけで、基本的には低減定期保険と一緒です。

ことが起きた時の年齢に応じて、保険金額のトータルの受け取り額が変わってくるのです。



この生命保険のいいところは、年を取れば取るほど、受け取る保険金額が少なくなるので、毎月の保険料が安くなります。

それと、受け取りが毎月の分割ばらいなので、とんでもないものを買わずに済みます。

信じられないかもしれませんが、保険金が入ったという情報が入ると、別荘など売りつけにくる変な業者もいるのです。

確かに普段なら冷静な判断ができて、そんな別荘など買わないでしょう。

でも、夫が亡くなり、普通の精神状態じゃないときに、売りつけられたらどうでしょう。

買おうと思えば、買えてしまうだけのお金は手元にあるのです。

このようなケースで実際に別荘など、買ってしまった方もいるのです。



でも、生命保険の保険金が分割受け取りだったら心配いりません。

逆に、買いたくても買えませんね。

毎月支払われる生命保険の保険金は、家族のために絶対に有効利用できます。



実際にそうなったら、このメリットが一番かもしれませんね。

では、実際に毎月の受け取り額の設定金額はどうすのか。

それはまた次回ということで。

posted by タック at 13:04 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険 見直し 比較 検討 するならまずはこれ

ここ最近は、生命保険に関する話題です。

今までの日記で、今、世に出回っている生命保険の問題がわかってきたかと思います。


関連記事

女性のための生命保険の考え方や選び方

子供に生命保険は必要ない

生命保険の比較・選び方の前に現状を把握


では、実際に本当にいい生命保険とは、どのような生命保険なのでしょうか。

そこで、まず最初におすすめしたい生命保険が、低減定期保険です。

この生命保険の特徴は、年齢と共に生命保険の保険金額と毎月の保険料が下がることです。



具体的に例をあげますと

30代で5000万円・40代で4000万円・50代3000万円

同時に毎月支払う生命保険の保険料も、保険金額に応じて下がります。



通常は、若い頃には子供も小さく、保険金額も多く必要です。

年齢が上がるにつれて、子供も大きくなり、若い頃ほど保険金額は必要ありません。

でも、今までの生命保険は一律に何歳であろうが○千万円でした。

その分、生命保険の毎月の保険料も高いです。

それを両方とも年齢に応じて下げた生命保険が低減定期保険です。



生活上のリスクをちゃんと回避しながら、無駄なお金の出費を最低限に抑える。

これが、まず最初におすすめしたい生命保険のタイプです。

次回は、もっとおすすめの生命保険を教えちゃいますよ。

posted by タック at 07:47 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

生命保険の比較・選び方の前に現状を把握

生命保険の比較や選び方を学ぶ前に、知っておくべきことがあります。

日本の生命保険のほとんどが更新型というタイプの生命保険です。

年齢と共に毎月の掛け金が上がっていくタイプの生命保険です。



このタイプの生命保険に加入しているとしたら、要注意です。

年齢と共に掛け金が上がり、本当に生命保険が必要な年齢になると、掛け金が高すぎて解約せざるを得ません。

生命保険会社が儲かって、絶対にもとが取れない生命保険のシステムです。



問題はまだあります。

そのような生命保険の死亡保障などは年齢に関係なく○千万円、という設定が多いです。

なぜ、そのような死亡保障などの仕方がよくないのかと申しますと。



年齢に応じて、残されたご家族に必要な保険金額は変化するのです。

要するに、年齢に応じて残されたご家族に必要なお金は異なる、ということです。

子供が小さいご家族には多くのお金が必要でしょう。

でも、子供も自立したようなご家族に、多くのお金が必要でしょうか。

年齢と共に生命保険金額は下げて、その分毎月の掛け金も下げるのが理想です。



本来、生命保険とは「経済的打撃を回復する制度」です。

なにかが起こったときに、経済的に起こる前と同じ生活が送れるようにするものです。

それ以下でもダメですし、それ以上に裕福になる必要はないのです。

なので、生命保険はよく比較し検討することをおすすめします。

生命保険 比較サイト や 生命保険 選び方サイトなどよく参考にしましょう。



次回は、どのような生命保険が実際にいいのか書いてみたいと思います。

posted by タック at 08:15 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

子供に生命保険は必要ない

昨日の女性と生命保険の話と同様です。

そもそも収入のない子供に生命保険は必要ありません。

生命保険とは「経済的打撃を回復する制度」です。



例えば、何かが起こったときに、起こる前の生活が起こった後も、同じ生活が送れるようにする。

そのために生命保険によって経済的負担を回避させる必要があります。

もともと収入のない子供になにかがあっても、経済的な打撃や負担はありません。

ですから、子供に生命保険をかける必要はないと思います。



そこで心配になるのが、病気や怪我のための医療保険です。

でも、子供には乳幼児医療費助成制度があります。

そのため、子供の医療保険についても心配する必要はないと思います。



ただ、乳幼児医療費助成制度は市町村によって制度内容が異なります。

年齢でいうと、小学校前まで、小学校まで、中学校まで、などが異なります。

ですから、一度、各市町村で確認しておいた方がいいと思います。



そして、子供の年齢が乳幼児医療費助成制度の年齢制限になったら、医療保険に入る必要があります。

そのときは、医療保険の比較などして、よく検討し加入しましょう。



■追記


たまに、子供の年齢が乳幼児医療費助成制度の年齢制限範囲内の子供に、医療保険をかけているご家族がいます。

とてももったいない話なので、直ぐに見直すべきです。

また、家族全員の生命保険料が3万円や4万円というご家庭があります。

それももったいない話です。



そんなに生命保険に払うくらいなら、毎月美味しいものを食べたり、旅行に行った方がよっぽどいいです。

そんなことをしているから、駅前の一等地に生命保険会社のビルが建ち並ぶのです。

posted by タック at 08:05 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

女性のための生命保険の考え方・選び方・比較

そもそも女性には生命保険が必要なのでしょうか。

それを考えるには、生命保険についての意味合いや必要性について考えなくてはいけません。



生命保険とは、そもそもなんなのでしょうか。

生命保険とは、そもそもどのように考えればいいのでしょうか。

ひと言でいうと、生命保険とは「経済的打撃を回復する制度」といっていいと思います。



例えば、何かが起こったときに、起こる前の生活が起こった後も、同じ生活が送れるようにする。

そのために生命保険によって経済的負担を回避するのです。

そのような観点から考えると、そもそも収入のない人には生命保険は必要ありません

最初から収入がないのですから、経済的打撃は起こらないのです。

ですから、専業主婦のような女性に、死亡保障的な生命保険は必要ないと考えます。



ただ、専業主婦のような女性でも医療保険には入った方がいいと思います。

それでも、そんなに手厚い医療保険に入る必要もないような気がします。

COOP(コープ)の「たすけあい」などでも十分のような気がしています。



男性と同じように働いていて収入のある女性は、男性と同じようにしっかり生命保険の比較検討が必要です。

生命保険の比較サイトなどを参考にちゃんとしたいい生命保険に入りましょう。

posted by タック at 08:47 | Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。